遺伝など先天的な要因によるもの

様々な要因で起こりえる


薄毛は、遺伝的な要因で起こることもあります。薄毛は男性ホルモンの影響を受けて起こりますが、ホルモンの分泌量は遺伝の影響を受けやすい特徴があるのです。男性ホルモンの分泌量が多い体質の方は、毛の成長が阻害されるため、健康的な髪の毛を育てることができません。もし、若いときから薄毛に悩んでいる方がいれば、親だけではなく近しい親族に薄毛の人がいなかったか確認を行っておきましょう。また、乾燥肌の方も遺伝の影響を受けている場合があります。肌の保湿力が足りない方も、遺伝によってその肌質を受け継いでいる可能性があり、頭皮が荒れやすくなっているのです。親族で乾燥肌が多い方も、頭皮の管理に細心の注意が必要になるでしょう。

遺伝であっても諦めないことが重要


男性ホルモンや頭皮の乾燥など、遺伝体質のために薄毛になっている方は、それ以上のケアを諦めがちです。ただし、ケアを諦めてしまうと薄毛はいつまでたっても改善されることがありません。ふさふさの毛を手に入れるためには、有効な対策を実践してみましょう。
ホルモン過多が原因になっている方は、ホルモンの働きを抑える治療により、薄毛を改善しやすくなります。主に飲み薬を利用したり、頭皮に注射を行うことで、ホルモンの働きを抑えやすくなるのです。この方法は専門のクリニックに出向くことで受けることが可能です。
一方、頭皮の乾燥が原因になっている方は、頭皮に潤いを与えるケアを行ってみてください。育毛剤やシャンプーを変えてみる事でも、効果を実感できます。